ネットを使った集客ができず、売上に伸びや悩んでいる
講師、コンサル、コーチ、士業
などの教育ビジネスに関わっている方は、
今すぐ以下からメールを登録して動画をご覧
になってみてください。

YouTubeで、新たな規約変更が行われます。
この変更によって、ユーチューバーと
呼ばれる人たちはさらなる苦戦を強いられることになると予想しています。

なぜなら、近年のユーチューバーの動画はとにかく目立った者勝ちで、
過激な内容や発言で
再生数やチャンネル登録者数を増やすことに必死です。
そして、行き過ぎたパフォーマンスのせいで命を絶ったユーチューバーの方もいます。

YouTube動画の広告は、企業やスポンサーが自社の商品やサービスを宣伝をするために利用をします。
その宣伝が、下品で過激な動画の最中に流れたとしたらどうでしょう?

企業のイメージダウンにも繋がりかねません。
そうなるとそもそもYouTube動画に広告を出すこともしてもらえなくなってしまいますので、
それを危惧して規約を変更して対策を立てたのでしょう。

Googleのミッションは
「世界中の役立つ情報を整理して、誰もが気軽にアクセスして使えるようにする」
ことですから、YouTube動画も本来、そうあるべきなのです。
これからは、その本来のあるべき姿になっていきますから、当然、稼ぎ方にも変化が出てきます。

これからは、広告収入だけを狙った無意味な動画は排除されていきます。
代わりに注目されてくるのは、役立つコンテンツ・・・
つまり、日本や世界が良くなるようなビジネス動画が脚光を浴びることになるのは間違いありません。
ビジネス動画では、見た目よりも「中身」が勝負ですから派手な編集も全く必要ありませんし、
再生数やチャンネル登録者が多いから良いということもなくなります。

ネットを使った集客ができず、売上に伸びや悩んでいる
講師、コンサル、コーチ、士業
などの教育ビジネスに関わっている方は、
今すぐ以下からメールを登録して動画をご覧
になってみてください。

古今東西のカリスマとエンターテイメントを教育・マーケティング・ブランディングと融合させるスペシャリスト。

20000人以上の講師、士業、話し方のプロ、著者、コンサルタント、コーチ、経営者を指導。自身をカリスマ講師にするだけでなく、多くのカリスマブランドを生み出している。それぞれのオンリー1を引き出し、個人・企業・学校・エグゼクティブなど幅広い市場で相場の10倍価格やコンテンツを高く売る方法を伝授している。

身のYouTube再生回数2000万再生を超え、各界のトップリーダーたちに絶大な支持を得ている。

教育やマーケティングにエンターテイメントを融合させたエンタメプレゼン(R)の開発者、自分ブランドフェスタをはじめとした1000名規模のイベントを開催するプロデューサーでもある。